スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

白色ワセリン、英語ではヴァセリン。

ワセリン、持ってますよ。
形状違いで二個。



ジャータイプの物は、綿棒を使って使用しています。
手だとね、使っていくうちに不衛生な感じになってしまうかなぁと。

少量でいいし、💋リップクリーム代わりにも使えていいですね。

「肌が乾燥する=肌のバリアが働いていない状態」なので異物が侵入しやすく、それが原因で炎症を引き起こしちゃったら大変。

米粒位?もっと?
乾燥の具合に合わせて適量を手のひらに伸ばして、顔に優しく押し当てます。

浸透しないのがポイントなワセリンは、こちらの本で紹介されてからメジャーになったのではないかと認識しております。。

化粧品を使わず美肌になる! [ 宇津木龍一 ]

価格:1,404円
(2016/12/18 11:42時点)
感想(10件)




ホホバオイルも酸化しにくい点では優秀です。
そもそもが、ホホバオイルは油脂ではなく、ミツロウ。
ワックス成分なので酸化しにくいのですが、精製度によって不純物の差が大きいんだとか。

原材料費としては高価なので、あまり化粧品に配合されていない、と聞いたことがあります。




鉱物油(別名・ミネラルオイル)といえば、こちらもそうですね。
ガチガチのテクスチャーが斬新です♥



肌に浸透しないし、角質層のNMF(天然保湿因子)に溶けて流さないので良いです。
洗い流せないので、使いづらいのですが、、、( /ω)

ゼノアの化粧品


ちなみに、鉱物油とは、石油を蒸留させた時に残ったもので炭化水素の一種です。

以前は多くの不純物を多く含むイメージのあった鉱物油は、シミやくすみの原因となるといわれ避けられていましたが、それは1970年代頃までの話。。

近年では技術向上により不純物の心配は薄れており、多くの化粧品に使われるようになりました。

当時は鉱物油の精製技術が非常に低く、不純物が混じったままで使われていたんです!実は、油焼けを起こしていたのは不純物のほうで、鉱物油そのものはまったくの無害であることが今は分かっています。

むしろ鉱物油には肌の保湿を助ける働きがあり、どちらかといえば肌の良い物質なんですね。肌に使われる鉱物油の代表格が、この、皮膚科でも頻繁に使われているワセリンというわけです。

ところで私、ここ数ヵ月、石鹸で洗っているうちに、顔がバッサバサになってきてしまいました。
たっぷりの泡に顔を突っ込む幸せは、しばらくがまんします○o。..。o○

クリームクレンジングで優しくメイクオフしたら、ワセリンで保湿。

鉱物油っていうと聞こえが悪いけど、ミネラルオイルっていうと、なんだか良さそうに聞こえるのは、私だけかしらね、、(゚∀゚)






ソーシャルレンディングのお勧め。

【みんなのクレジット】もやっています。
キャッシュバックを活用して、賢く資産活用しましょ。






新しい投資のかたち

口座開設は簡単!口座手数料、取引手数料は一切なし
スポンサーサイト

テーマ:肌トラブルに役立つスキンケア化粧品 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2016/12/20(火) 12:16:44|
  2. 赤ら顔でも大丈夫なスキンケア
  3. | コメント:0
<<Merry Christmas! | ホーム | サプリって、なんか抵抗あるのですが、なんか効果はある、、、、。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。