スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

悲しいとは、こういう気持ちなんですね。

賑やかなハロウィーンの夜が過ぎ、街が静かに11月を迎えた時、私の最愛の父が天国に行ってしまいました。

病気で入院していて、既に手の施しようが無く、緩和ケア病棟に移動してから三日目の事でした。

80歳ですからね、大往生ですかね。
とても寂しいですけど。

偶然見かけた記事です。

医学には「治る」という前提が最初からないんです

養生ラボというサイトで、まぁ、色々と意見があるでしょうが、医師として比較的偏ってはいないんじゃないんでしょうか。

酒さや脂漏性皮膚炎による赤ら顔に悩み、苦しみ、今のところ病院では結果が出ていないことと、先週病院で父が亡くなったばかりですので、私には興味深い話です。

(あ、父が入院していた病院は、医師も看護師さんもとても親切で、患者さんの尊厳を重んじる、とても素晴らしい病院でした。感謝しております。)

で、初めて知ったのが ”整膚”なる皮膚へのケア。

<皮膚を引っ張るだけで気血の流れが改善され、心も体も心地よくなります> by 整膚とは

整膚は名古屋で確立されたそうですが、生みだしたのは徐堅博士と言う中国人の方。
スタートは高齢者への健康指導、スポーツプレーヤーに対しての治療からで、その施術を通して、整膚のマッサージ方法を発見したそうです。
健康体に導いてくれるのはもちろんのこと、肌をきれいにすること、癒しにも効き目が有るそうです。


スタートは、皮膚をつまんで引っ張ってと言うテクニックでしたが、その後は整膚の理論やテクニックを確立させ、現在では70タイプものテクニックが有るそうです。
名古屋から生まれた整膚ですが、今や、米や中国を始めとした各国10ヶ国以上に知れ渡っています。

1997年、整膚は北京中医薬大学の劉占文教授に「数千年の歴史のある中国医学を一歩前進させた」と評価し、WHO(世界保健機構)に推薦されました。

また、2003年、癌患者にもケアできるという観点からWHO(世界保健機構) 、上海市健康促進合作センター実験基地に世界整膚連盟総裁徐堅が整膚学の顧問として、 招聘されました。

整膚は肌に刺激をプラスして、体を健康にし、美容にも良いと共に、脳細胞がエネルギッシュになることが期待出来ます。
脳細胞がエネルギッシュになると、頭脳のアンチエイジング、ボディのアンチエイジングに役立ちます。
生きる為にパワーを与えてくれる整膚はまさに新しいテクニックで、整膚を受ける人も整膚をやる人もどちらも健全な体になるのではないか、と期待されているんだとか。


(引っ張るだけなら、私でもできそう、、、。
でも、酒さや脂漏性皮膚炎による赤ら顔の人がやったら、余計に赤くなりそう、、、。)

でも、読むわ。

「肌つまみ」美肌・スリム術 やせる・エイジングに効く整膚[本/雑誌] / 徐堅/監修 角田朋司/監修 蔡晶/著

価格:1,404円
(2016/11/8 16:39時点)
感想(0件)



これも読むわ。

健康自立力 [ 田中佳 ]

価格:1,728円
(2016/11/8 16:46時点)




葬儀のバタバタで一週間過ぎました。
代わりにお願いできる仕事でもないので、月曜から仕事しています。

あまりに悲しくて、まるで夢の中にいるような気がしています。
😢

気持ちを切り替えなくてはっ!

風邪が流行っているので、皆様もお気をつけて、暖かくしてお過ごしくださいませ。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/11/08(火) 17:02:51|
  2. 赤ら顔からの脱却、内側からの体質改善
  3. | コメント:0
<<🐳シロナガスクジラはオキアミを食べるよ。 | ホーム | 何事も基本が大事なの、と再認識した秋の日。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。