スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

そういえば、漢方薬を飲んでいたこともありました(遠い目)

赤ら顔の原因の一つである、脂漏性皮膚炎の処方薬は、色々あるのかもしれませんが、基本的にはこちらが一般的です。

<外用抗真菌薬>

脂漏性皮膚炎の原因菌となるマラセチア真菌を退治する薬で、ケトコナゾール、イトラコナゾール、ミコナゾールといったイミダゾール系抗真菌薬が、マラセチアに対して有効です。

<外用ステロイド>

ステロイドは炎症を鎮めるのに特化した薬で、別名では副腎皮質ホルモン剤と呼ばれています。
炎症がひどく皮膚の状態を落ち着かせるためにステロイド剤を用いるのが一般的です。ステロイドで消炎し、その上で抗真菌剤を用います。

加えて、脂漏性皮膚炎の治療薬として、漢方薬にも一定の効果があると考えられています。
有名なのは二つ。

⃣十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ):皮膚の赤みやカユミを発散し、腫れや化膿をおさえます。また、そのようになりやすい体質を改善します。体力が中くらいの人に向く処方です。  < お薬110番より

⃣黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ):体の熱や炎症をとり、機能の亢進をしずめる働きがあります。体力がある人で、のぼせ気味、また血圧が高めの人に向いています。       < お薬110番より

私が飲んでいたのは十味敗毒湯の方。

なぜかというと、知り合いの整体師さんが漢方薬の勉強中で、まず、こちらを勧められたから。



なぜ、こちらにしなかったかというと、量に対しての価格の問題(〃▽〃)
(でも、病院で処方されるのは、ツムラよねぇ。)




ところで、「十味敗毒湯」は,我が国江戸時代,世界で初めて乳癌の麻酔手術を行った世界的な医学者華岡青洲によって創られた「瘍科方筌(ヨウカホウセン)」に収載されている薬方でだそうで、歴史があります、効きそうです。

成人(15才以上)の場合4錠×3回で一日12錠
一瓶で、15日分、私は二瓶飲んだので、一か月ですね。


飲み続けているうちに、何だか効果が出てきたような気がして、ある日、娘に尋ねたんですよ。

私。「なんか、顔の赤いの治ってきた気がする、、、。どぅ?」

娘。「う?、、うぅん、、、。」

どうやら、目に見える程の効果は出ていない様子。
私を傷つかせまいと、返答に苦しむ娘をみて複雑な気持ちになりました。

結局、この漢方薬の件は進展があるので、とりあえず十味敗毒湯としては、一か月間のチャレンジで終わりました。

もっと長期的なスパンで継続したら、あるいは別の漢方薬を試してみたら、はたまた、ラクティス等を一定期間摂取して、腸の環境を予め整えていたら、また違う効果がでるかもしれないわ、と今となっては思います。

内服する薬や、普段の食事から栄養を取り込むうえで、最も重要な腸。
まずは腸を改善するようにと提案された私が、免疫療法の専門医に推奨された、乳酸菌生成エキスについてご紹介をする上で、

乳酸菌は、

①胃酸で殺される。
②空気のあるところで育ったヨーグルトの乳酸菌は、空気があるところでしか生きられない。
③腸内の乳酸菌にも、血液型のように相性が有って、その人の型に合った乳酸菌しか棲みつけない

だから、自分の腸内の乳酸菌を増やすには、口から生きた乳酸菌を取り込むのではなく、生まれた時から自分のお腹の中にいる乳酸菌が、増えやすい環境を作ることが重要だと知り、今はこちらを飲んでいます。


私が飲んでいるのは一包10mlのもの。5m入りも有りますが、このほうがC.P.は良いよね💲




.腸内環境が変化するまでの期間は、人によって大きく違うと思いますが、私はこちらを飲み始めて一か月で💩の変化は実感しました。
長期間飲み続けるものですから、結果を期待するのも気長に考えていますが、6月に腸内フローラ検査キッドが届くので、 (寿命まで左右する!驚異の「腸内フローラ」) とりあえずその時点での、自分の腸の様子を知るのが楽しみ&怖い~♥

みんなでやろ~よ~。



酒さや酒さ用皮膚炎・脂漏性皮膚炎による赤ら顔や、毛細血管拡張症など、いわゆる難病に対しては、漢方薬って期待してしまいます。
私もそうでしたから、この後の漢方薬アプローチについてはまた今度。

2014年から
クラウドバンクで資産運用しています。


一万円からできるのが手軽です。



スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/05/16(月) 09:43:04|
  2. 赤ら顔からの脱却、内側からの体質改善
  3. | コメント:0
<<漢方医にかかったこともありました(遠い目) | ホーム | とりあえず、油の分泌を抑えたい方には、、、。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。