スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

特許取得!赤ら顔に効果がきたいでいるという、LFK乳酸菌入りのカルグルトを一ヶ月間のんでみますね!

届きましたわ、カルグルト。

赤ら顔に効果が認められてるんですってよ、奥さん。
酒さや酒さ用皮膚炎や脂漏性皮膚炎による赤ら顔にもいいのかしらね~フンフン~♬





ルイスバァージウエルネスのホームページより

酒さに一筋の光!「乳酸菌抽出物LFK」


~ところが最近になって、乳酸菌の一種フェカリス菌を酵素分解した「乳酸菌抽出物LFK」という成分が、酒さに有用であることが分かってきています。
ある実験で、ミノマイシンというステロイドを使っても酒さの症状が改善しなかった患者に対し、LFKを28日間飲んでもらったところ72%が「顔面潮紅」「毛細血管拡張」などに実感があったとのこと。
酒さが起きる原因が分かっていないだけに断言はできませんが、人間の免疫の大部分を担う腸の環境を整えることで、悪性物質が血液に流れ込むことが抑えられたのだと考えられます。
さらに乳酸菌は薬ではないため、実験では副作用や症状の悪化の報告もなかったとのこと。「酒さ治療剤」としての特許も取得しており(特許第2944662号)、酒さの新たな治療法としてLFKに期待が高まっています。~


(これまで飲んでいた、乳酸菌抽出生成エキスはひとまずお休みします。)

before用の顔の写真も撮りました。

見苦しくて、すみません。



(T-T)しみじみ見ると、やっぱり顔の皮膚の色がまだら。
赤いわ。
悲しいわ。

一ヶ月後に変化が現れるといいのですが…。
経過と共に、また、報告しますね!

ルイスヴァージウエルネスオンラインファンサイト参加中

酒さについて、海外の論文を元に書かれているエイジングスタイルという記事を紹介させてください。

”酒さ”の発症率の高い欧米では、まだまだ、あまり認知されていない日本以上に、酒さ治療に対して研究されていますが、 原因がはっきりしない状況では発症したことを認識し、それ以上慢性化や悪化させないように悪化要因についての知識を報告し、広めていくことが大切だと考えられます。

英語に抵抗の無い方は、こちら米国酒さ協会の資料も参考になさってください。


毛細血管拡張型の赤ら顔、炎症による赤ら顔。
酒さ、脂漏性皮膚炎による赤ら顔にも色々ありますが、いずれにせよ刺激は大敵です。

普段のお手入れには、界面活性剤が肌に残らない、こちらの製品が安心して使えます。




スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/04/25(月) 21:35:23|
  2. 赤ら顔からの脱却、内側からの体質改善
  3. | コメント:0
<<美容健康に最新!腸内フローラ解析で痩せ菌チェック限定先行予約(田口 敬(ウンログ株式会社 代表取締役)) - READYFOR (レディーフォー) | ホーム | 赤ら顔 クリニック その六>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。