スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤ら顔 クリニック その四

2011年3月11日、あの東日本大震災の後、私自身色々と有りまして、10月に引っ越しました。
酒さなのか酒さ用皮膚炎なのか、はたまた脂漏性皮膚炎なのかはわからないまま、赤ら顔の日々は過ぎていきました。

2012年は長女が大学受験勉強に励む傍ら、私は土地探しからの注文住宅造りで、不動産屋、建築業者との打ち合わせの日々。

また、南アフリカやドバイを訪れる機会にも恵まれ、相変わらずの赤ら顔にも構う余裕もなく、あっという間に時間が過ぎていきました。

2013年春、サクラサク。

長女、次女ともに進学が決まり、忙しかった私も、方向性が決まり、心が落ち着きを取り戻してきました。

新居への引っ越しも終わった頃、駅までの道に、小さな皮膚科が目に留まりました。

予約優先とかかれた看板は見ましたが、ずっと忘れていた赤い顔のことが急に気になり、医師に対しての何の予備知識も無いまま、飛び込みで診察を受けます。

「酒さってわかるかな?」

女医さんは優しく私に語ります。
「残念ながら、治る病気じゃないから、気長に付き合っていこうね」

そう言って、軟膏を処方してくれました。
最近ネットでも評判になったヒルドイドです。

(全然、気長に付き合いたくないっ!!)

特に治療法が無いという認識の通り、保湿剤をだしてくれるだけでしたので、3回行って辞めました。


次は、青山にスキンケアの専門医がいると聞き、受診しにいきます。

50歳代であろう美しい女医さんは、私の顔を見ると

「アレルギーね」

肝臓が悪いので、解毒ができていない。
腸が悪いので、消化ができていない。
様々なアレルギー物質が有るので、原因となるものを取り除かなくてはいけない
、とのこと。

「全部、やめて。しばらく。」

化粧品はもちろん、コラーゲンやサプリメントもアレルギーの原因となりうるのでやめるように指導され、髪の毛が顔につかだけでも刺激になるから、と髪を結ぶことを提案されました。

(もちろん、先生はいつもきちんと巻き髪を結わいていましたよ。)

美しくて優しい先生はメルアドを教えてくれて、いつでも相談してね、とおっしゃってくれました。

数回のカウンセリングの後に、血液検査をし、足りない栄養素をクリニック指定のサプリメントで処方され、併設のショップで先生のお薦めスキンケア用品と共に購入します。

タンパク質を増やす食事するように、という指導の元、食事の際に肉や魚を増やすのはもちろん、毎日の朝食に卵を1個加えました。

亜鉛などのミネラルも不足しているので、貝を食べるように、ともアドバイスされましたが、毎日貝を食べるのは、はなかなか実行できませんでしたね。

加えて、毎週、肝機能強化の注射です。

因みにこちらのクリニックは、看護師さん達もとても優しくて、本当に注射が嫌いな私でしたが、皆さんに励まされて、なんとか続けていました。

サプリメントに関しましては、数種類(7カプセル位)が一回分ずつ個包されたものが、箱単位で処方されましたが、毎日きちんと飲み続けました。
大げさでなく、”山のよう2にサプリを飲むように指示されていました。
先生ご自身も飲んでいることを強調されていました。


ところで、クリニックでの診察時は、毎回写真を撮り、比べてみるのですが、赤ら顔は一向に改善していません。

その度に先生は、新たな秘密兵器を導入します。

炎症がある、と診察すれば、
「抗炎症作用がある温泉水のスプレーなの、携帯してね。」

またある時は、
「何か悩みがあるんでしょ?
ストレスで眠れてないのよ。
今度、安眠CD発売するから、待っててね。」

また、ある時にはレーザーも薦められ、一回受けました。
(ジェネシス?タイタン?)

通常、クリニックでのレーザー照射は、看護師がやることがおおいのですが、こちらのクリニックは医師自らが照射してくれましたし、それが売りのようです。

バチンッ!バチンッ!✴

激しい音と閃光の合間に、先生が言います、

「うん、照射したそばから、みるみる肌か白くなっていくわ」

(それって、一瞬毛細血管の血流が止まっただけですよね、全然赤みとれてないし…。)

やはり効果はありませんでした。
診察の度に撮る写真には、相変わらずの赤い顔の私がいました。

診察の回を重ねていくと、先生は、しまいには、

「期間限定の赤いリップグロスが出たの、すごく可愛いのよ。
塗ってあげるわ」

先生に赤い口紅を塗られて、お金を払って帰るとき、"治療のために来てるのに、私、一体何やってんだろう…"と情けなくなり、この日を境に、その後は行っていません。


こちらの雑誌でおなじみのカリスマ美魔女ドクターのところには半年以上通い、注射を打ち続け、サプリメントを飲み続け、レーザーも打ちましたが、結局赤ら顔には役に立つアプローチではありませんでした。

一体どうしたらいいのかしら、どこにいけばいいのかしらと、病院通いを一旦ストップし、ネットで調べた”酒さ、酒さ用皮膚炎、脂漏性皮膚炎による赤ら顔に効果がある”、と謳っている化粧品を買い漁り、個人輸入でインド製の、青いプラセンタの薬まで買いました、が全く変化無しでした。

毎晩ネットサーフィン 💻

でもね、その時の医師から紹介された沢山の物の中で、今でも愛用しているものが一つだけあります。
それがターマルウォーターです。

送料無料 【ラロッシュポゼ】ターマルウォーター 300ml(300g)×3本セット LA ROCHE POSAY

価格:4,980円
(2016/4/16 15:36時点)
感想(186件)



こちらはセレンが含まれているのが大きな特徴です。
セレンとは、ラロッシュポゼによると、体内酵素などのたんぱく質の構成成分の一つで、皮膚を健やかに保つ作用があることで知られています。

私は一本を会社のロッカーに入れてまして、休憩時間にシュ~しています。

暑くてほてると、顔の赤味と痒みが気になるので、このミストで応急処置。
唯の水のミストですと、余計に肌が乾燥してしまいますが、これはその心配がないので、長年常備してます。

現在は、消極的アプローチの一つとして、無添加化粧品ワイエスラボとともに、愛用しています。





続きは赤ら顔 クリニック その五で、お読みください。
スポンサーサイト

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2016/04/16(土) 15:07:58|
  2. 赤ら顔治療のために行った皮膚科
  3. | コメント:0
<<乳酸菌生活一か月経過しました。新たに‘すぐき漬け‘も投入済です。 | ホーム | 高濃度ビタミンC点滴を打ってきました!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。