スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高濃度ビタミンC点滴を打ってきました!

WEBマガジン「ハタラク」で連載中です♪
酒さや酒さ用皮膚炎、脂漏性皮膚炎による赤ら顔から改善する日々の苦闘もサクサクと掲載しています。

☀モルジブから戻りました。

日光に当たると、いつも手足がかゆくなり、ブツブツが出ます。
蕁麻疹でしょうか?
ほんと、その度に、もう🌴南国は辞めよう!と思うのですが、忘れちゃうんだよね~。

真性バカ(T-T)

出国前に医師に確認しておいた、高濃度ビタミンC点滴に行ってきました。

高濃度ビタミンCの皮膚への直接塗布に加えて、血液から直接ビタミンCを取り込んでやります、ククク😏



爆睡してました、痛さを感じつつも。
二重顎、凄いわ、、、Σ(゚Θ゚)

日焼けすると、表皮がダメージを受ける一次火傷と、その下の真皮にまでダメージがいき、皮が両方剥けて水が貯まる、水ぶくれの二段階があります。

日光に当たると活性酸素が生成されて、様々な皮膚トラブルが起こります。

本日の私は、日光炎症も起こしているので、"タチオン" というアミノ酸も配合してもらいます。

ところで、ビタミンCは酸なので、血管痛が起こるため、大量に注射出来ません。
5㌘までなら注射、それ以上は点滴による投与になります。
高濃度ビタミンCというのは、10g以上をいうので、厳密には今回は高濃度ビタミンC点滴の点滴とは言えません、というのも、先生の判断で5gにすることになったからでーす。

私は今回5㌘でしたが、痛い注射は大の苦手なので、30分かけても痛みの少ない静脈注射にしてもらいました。

この、必要なビタミンC量は、ちゃんとカナダのドクターが作った計算式に当てはめて算出します。

ナンとか÷370×体重、的な?
(忘れちゃいました、すみません(´・_・`))

目的に応じて、必要なビタミンC量も違うわけでして、美容目的でしたら5㌘とか10㌘ですが、ガンへの効果を期待する場合は300㌘にもなるそうです。

理想は週2回だそうですので、まぁ、また、タイミングが合うときに行きたいと思っております。

酒さや酒さ用皮膚炎、脂漏性皮膚炎による赤ら顔に悩む方だけではなく、基本的には美肌にビタミンCは効果的ですね。。

点滴は内側からですが、外側からもアグレッシブなアプローチをしたい時にはこちらをどうぞ!
ビタミンCたっぷりな上にフラーレンも入ったこちらは、お得なトライアルセットが発売されました!




スポンサーサイト

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2016/04/13(水) 18:08:17|
  2. 皮膚炎
  3. | コメント:0
<<赤ら顔 クリニック その四 | ホーム | 皮剥け?! 乾燥?! 赤ら顔は油地獄かと思っていました、、、。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。