スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

酒さ?脂漏性皮膚炎?私の赤ら顔は私の心の声を代弁しているのか?

あんなに華やかなモデルの道端さんも、皮膚疾患に悩まされていたのね!

道端ジェシカが告白した「乾癬」患者は何と戦っているのか。

うぅっ、素材に対するダメージの大きさはまったく違えども、精神的ダメージの大きさは同じよ!

その点においては
「わかる~、その気持ち~。」


さてさて、皮膚科学会によれば、

「乾癬は社会的な病気」

乾癬の症状は一定ではないため一律な治療法があるわけではなく、病気の程度に応じた治療法を選択することになる。
通常は「ステロイド外用薬」や「ビタミンD3外用薬」からスタートし、さらに内服薬や紫外線療法を加えた3つ(外用療法、内服療法、光線療法)が基本的な治療法となる。
さらに現在はこれらの治療法で十分な効果が得らえない場合、「抗体療法」という新しい治療も登場している。


彼女ほどの恵まれた環境、つまり経済的な余裕とか、情報量の多さ、情報源への近さ、何より美への探求心、をもってしても、"かんせん" とやらは寛解しづらいのですね、う~ん。


一方そのころ、バンサク尽きた感が漂う私が最近興味を持ったのが、(一縷の望みを持ったのが)
" 言葉で病気を直す " というもの。

<やっべぇ、とうとう来たかっ⁉>

コーヒーでも飲んで落ちついて。


ピーベリーと呼ばれるコーヒーの豆は、通常1つの果実の中に2つの豆(種)が平らな面を向かい合わせにして入っているが、まれに1粒だけのものがあり、これのこと。「丸豆」とも言う。希少なのよ。


PRESIDENT Online で紹介されていたのがこちら。

「自分の人生を生きていないとき」人は病気になる

病気になってただでさえ辛いのに、そのうえ、自分のせいだと言われたり(思われたり)することほど辛いことはありません。
好きで病気なわけじゃないのに、、、。

そんな、私と同じやさぐれた気持ちを、少しでも抱いているとしたら、一度読んでみてくださいね。

人は言葉で表現できないとき、体で表現を始める


賛否や好き嫌いはあるでしょうが

<病気は、「自分が本来あるべき人生からズレているんだよ」と知らせてくれるサインであって>

<病気に対して、主体的か受け身であるかを確認する、意識レベルを確認する>ことで、

<不完了な感情を解決>して、

<「前進している」感覚を持たせ>

<自分で「病気をやめること」ができる>

という考え、悪くないですよね。


国際的に実証されている、まっとうな心理学を学んだ方には

”目標達成や自己実現のツールとして欧米で使われているNLPやLABプロファイル(行動特性から思考パターンを分析し体系化したもの)、禅などを応用したカウンセリングのテクニックを駆使して、潜在意識を探り出す方法”

などと言われても、ドン引きですね、はい。

いいんです、効果があれば。
怪しい宗教じゃなきゃ、いいんです!!

具体的にはどうすりゃいいの? セミナーでお金払うのね?!


ということで、世知辛い世の中ね、ぐすっ。

そういえば【ビットフライヤー】でビットコインを買ってみたら、半年で倍に増えたました。


世の中、捨てたもんじゃないわね(^^♪






自分の人生を生きる、、、、。

私の人生って、、、・???

視点を変えて、今やっていることに新しい意味づけをすることは可能ですー引用
スポンサーサイト

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2017/05/18(木) 15:47:18|
  2. 赤ら顔からの脱却、内側からの体質改善
  3. | コメント:0
<<抗加齢医学会総会:アンチエイジングに行ってきました。”ロカボ”はもう古いの❕❔ | ホーム | 酒さよ寛解せよ!!パワースポットでパワーチャージ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。