スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤ら顔の時の 洗顔の話 固形石鹸で洗っています。

赤ら顔の原因が、酒さであれ、酒さ用皮膚炎であれ、脂漏性皮膚炎かもしれませんが、ともかく治療・改善のためには刺激を与えないことが重要です。
わかっているのはわかりますが、とにかく気を使います。慣れれば面倒ではなくなるとはいえ、やっぱり面倒臭いです、本当に。
特に、{疲れて早く寝たい〰}という時など、丈夫な肌の人 (しかも肌が綺麗な人) が真底羨ましい!


赤ら顔を治すには、洗顔時の際に注意すべきはまず、水温。

熱過ぎず、温過ぎず、つまり、肌の表面温度との差があまり無いのが理想的です。
可能でしたら顔の表面温度を非接触体温計で毎回計測したいとこですが、だいたい体温より3~4度低いとあちこちに書かれていますが、どうかしらん??寒い冬の朝など、外気の温度によって大幅に顔の皮膚表面温度は変化してるんじゃないかしら、というのが私の実感です。ですから洗顔前に毎回手で触って確認、水温調整をしましょ。

とは言っても手の温度も毎回違うので、実際には顎を濡らしながら水温を加減してしまいます。
熱ければ脱脂効果が高くて肌に必要な油分が奪われてしまいますし、冷たいと毛穴が縮んで汚れが落ちないというのは広く知られたことですね。

(一つあると何かと便利な非接触タイプの体温計、衛生的ね(^^♪)

UTR-701A-JC2【税込】 エ-・アンド・デイ 非接触体温計【おでこ専用】(ピンク) A&D でこピッと [UTR701AJC2ピンク]【返品種別A】【RCP】

価格:2,930円
(2017/1/6 14:49時点)
感想(10件)



赤ら顔は、刺激で赤みが増してしまうので、目先の脱脂効果よりも低刺激を選んで、とにかく肌が正常な状態に近づくよう環境を整えたいです。
ちなみにモデルの‘かよ‘さんは、一年中一定の水温を決めて洗顔しているそうです。肌が綺麗で丈夫な人にはいいかもしれませんが、外的要因で刺激を受けてしまう赤ら顔さんには、面倒でも毎回水温を調節することをおすすめします。
なんでもそうですが、やはり、自分に合った方法を手探りでみつけていくしかないのかもしれませんね。

水で流すときは観音開き洗いで。
両手に水を受けて、その水をパシャパシャと掛けてすすぎます。間違っても熱めのシャワーでアクションスターの入浴シーンのようにジャバジャバ流してはいけません。(でもこれ、気持ちいいよね。シャンプーごと流すと楽だし♪)
ともかく優雅にパシャパシャとやさしく洗い流します。
決してシャンプー剤が顔の上を流れていくことが無いように!!

固形石鹸を泡立てネットでよく泡立ててから、のせた泡の上だけをなでなでして洗うということまでは実践している方も多いですが、すすぎも油断しないように!

脂ろう性皮膚炎による赤みだと、何しろ脂を取りたいのでつい擦りたくなりますが、泡のつけおき時間差でのりきりましょう。
つまり、一番汚れや脂が気になる部分に泡をのせて空、他の部分洗います。首もとが空いている状態でしたら、泡立てた泡をデコルテまでたっぷりのせて洗うと、首の毛穴も綺麗になるし、時間差もできて一石二鳥ですね。

シャワーでシャンプーごと流したり、芸能人が宣伝してる電動洗顔ブラシを使ったり、ドクターが勧めるとかいうピーリング石鹸を使用したり、と私も無茶したものです、昔は。(遠い目)

今はね、
「大将、とにかく赤くならないやつ、ちょうだい!」
無添加化粧品ワイエスラボ

「へい、おまち!」
とい感じでしょうかね。
別に私はなんでもかんでも無添加にこだわっているわけではないのですが、肌に刺激があるものはできる限りとりのぞいてあげて、とにかく赤みがおさまればいい、と思ってます。
こちらの開発者のドクターのようにシャンプーを顔につけない、合成洗剤が残るタオルでは拭かない、までの徹底ぶりはなかなk出来ていないのですが、それでも大量の薬を飲んでいたころとは飛躍的に治りました。
化粧品にできることって本当にあるんだ、と思わせてくれた逸品です。トライアルセットがお手頃ですので、一度試してみてはどうでしょうか。







スポンサーサイト

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2016/01/12(火) 19:24:59|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<赤くて痒い!でも顔を洗いたいときは、個性的な洗顔、”びがんこ” | ホーム | 酒さでも酒さ用皮膚炎でも、脂漏性皮膚炎でも、赤ら顔の赤は毛細血管のせい?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。