スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サプリって、なんか抵抗あるのですが、なんか効果はある、、、、。

仕事してるにょろよ~☺



寒いですねぇ。
寒さで顔が赤くなること、ありますね。

心臓などの内臓疾患が原因なのか、酒さや脂漏性皮膚炎による赤ら顔なのか。
現象なのか炎症反応なのか、なんなんでしょうねぇ、まったく。

いずれにせよ、肌が丈夫になるように、ターンオーバーが正常になるように整えていくことが大事なのではと考え、日々精進しております。

炎症を抑え、サラサラ油が体に駆け巡るようにΩ3を摂取していましたが、クリルオイルに替えたばかり。

タイムリーに紹介している記事がありましたので、紹介してきます。
(こちらは医師が監修しているので、どこぞの削除されたキュレーションメディアとは違いますね)

「オキアミ」の「クリルオイル」に注目 健康に役立つ食用油、脳や関節にも有益か

この、クリルオイルを加えた最近のラインナップがこちら✨




まずはクリルオイル。
アスタキサンチンの色でしょうか、赤いです。

NKO ネプチューンクリルオイル(オキアミオイル) 1000mg 30粒[サプリメント/健康サプリ/サプリ/DHA/EPA/栄養補助/栄養補助食品/アメリカ/ソフトジェル/サプリンクス]

価格:2,980円
(2016/12/17 07:20時点)




次はビオチン。イマイチ必要性を実感していないのですが、ビオチン療法っつうのがあるくらいなんで。

【人気商品SALE特価】ビオチン(ビタミンH)5000mcg(タイムリリース型) 60粒

価格:1,150円
(2016/12/17 07:23時点)
感想(20件)




残っていた乳酸菌系。
何だったか、とにかくあと数粒で終わるの。

最後は、ビオチンと同じB郡なのですが、相性がいいらしいし、そもそも効果が実感できるので、パントテンサン。

パントテン酸 250mg(ビタミンB5) 100粒 [サプリメント/健康サプリ/サプリ/ビタミン/パントテン酸/栄養補助/栄養補助食品/アメリカ/国外/タブレット/通販/楽天] ¬

価格:890円
(2016/12/17 07:25時点)



ここ一年半くらいで、少しずつラインナップを代えながら、「抗炎症」を目標にしていたら、こうなりました。

血中濃度ができるだけ一定になるように、等間隔で服用していて、どうなんでしょう、”赤ら顔改善”という点では、方向性は間違っていないという実感です。

ただ、乾燥は止まらない~(;_;)
角質層は育っていない、きっと。

そもそも角質層はたんぱく質の固まりのようなもので、このたんぱく質が不足することはあまりないんだとか。

大切なのは、摂取した食物を肌に必要な様々なタンパク質や脂質に変えていく酵素やビタミン、ミネラルの働き。

酵素は栄養素が満たされていたら身体が作っていきますが、←ローフードを食べるとか、断食・ファスティング、などは酵素のためだもんね。ビタミンの多くとミネラルは外部から摂取する必要がある、という考えから、サプリをとっております。

ビオチン、パントテン酸ともに、ビタミンB群ですが、このビタミンBとは、脂肪やタンパク質の適切な吸収と代謝に関わり、肌への影響が大きいビタミンです。

通常は不足しないはずのビタミンとされていますが、アレルギーを持つ人、ストレスの多い人の消費量は格段に多く、むしろ不足しがちなんだとか。

良い影響を感じたい、何かの症状の改善に用いたい場合、所要量の数倍ないしは、10倍程度を目安に試さないと効果を実感できないようですから、取りすぎに注意しつつ、大胆に服用するといいですね。

これらを参考に、今日も勉強しま~す。

シリコンバレー式自分を変える最強の食事 [ デイヴ・アスプリー ]

価格:1,728円
(2016/12/17 07:51時点)
感想(12件)



サッポー美肌塾 スキンケア読本

価格:500円
(2016/12/17 07:49時点)




【ビットフライヤー】で、ビットコインを買ってみました💰
世界で一番大きい取引所ということで、安心かなと。
すっごく価額が上昇しているので、楽しみです♥





スポンサーサイト

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2016/12/17(土) 07:17:43|
  2. 赤ら顔なんで、サプリ飲んでま~す!
  3. | コメント:0

🎵ア・ブラ・カタブラ~ オメガスリー3と赤ら顔のお話し その2

オメガスリー3 ”omega-3 fatty acid” という、油を摂ることにしたきっかけは、スポーツジムのインストラクターに薦められたからでした。

アブラカタブラ~♪ サラサラ油で、詰まらせない~😆

酒さと診断されたり、脂漏性皮膚だと診断されたり、酒さ様皮膚炎かしらと思ったり、毛細血管拡張だと言われたりしてる、赤ら顔な私ではありますが、物心ついた頃はごく普通のお肌でした。
中学生のころからかな、毛穴と脂が気になりだしたのは。

それ以降は長い間肌が脂っぽかったので、 ”油をわざわざ摂るなんて、、、”と抵抗があり、インストラクターの教えを実践することはありませんでした。
その後、皮膚科医の本を読んでその重要性を感じ、本格的に摂り始めました。(脂質異常症の治療にも用いられているんですね!)

とはいえ、最初の頃は朝一回、少量の摂取でした。
その後、油の重要性を知り、今では一日4回、外出先にもω3を持ち歩いて、できるだけ等間隔で摂っています。

サラサラの油で満たし、毛穴を塞がないようにする。
そのつもりで飲み始めましたが、その抗炎症力の強さが何よりの魅力。

今はこれ、成城石井の。



そもそも脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。
そのうち、不飽和脂肪酸は、その構造からオメガ3(n-3系脂肪酸)、オメガ6(n-6系脂肪酸)、オメガ9(n-9系脂肪酸)に分類されます。

オメガ3脂肪酸オメガ6脂肪酸は、体内で合成されない必須脂肪酸で、しかもそのバランスが大切。
オメガ3とオメガ6の割合は1:1~1:4が理想とされ (by ω-3脂肪酸-Wikipedia)、そのバランスを保つことで細胞膜が本来の機能を果たします。

( ; ゜Д゜)細胞膜?!

細胞膜-脳科学辞典を読んで、
次に、細胞膜とは-生物学用語を読んで、
人間を形成している60兆個あると言われる細胞の、一つ一つを覆っている膜だという認識で合意すれば嬉しいです🎵

で、その柔軟性のある細胞膜は、「細胞を保護する役割」や「必要な栄養素を取り入れ、不要なものを排出する」、「情報伝達」をおこなっています。つまり、細胞は”細胞膜”なしには正常に機能しないということです。

その他の働きとして、血流改善、血栓予防効果があり、血栓がつくられるのを防いだり、血圧を下げたり、アレルギーを抑制したりと様々な働きを持ちます。
いわゆる血液サラサラ~になるわけです。

この、アレルギーを抑制する効果ですが、脂肪酸の摂取バランスに関連するのです。

オメガ6系のアラキドン酸が過剰になると、炎症が起こるため、アトピーやアレルギーが起こりやすくなります。
ω-6脂肪酸-Wikipediaには、免疫炎症についてはもちろん、うつ病に関しての記述も有りますね。

オメガ6の過剰摂取や、トランス脂肪酸という体に良くない脂質の摂取が、日々の生活の中で多くなっていることが問題なわけです。

これに対して、オメガ3系不飽和脂肪酸のDHAや、EPA,αリノレン酸 (→体内でDHAやEPAに変わる) は、過剰となったリノール酸に対して競合性があるとされています。
つまり、過剰となったオメガ6系脂肪酸を廃棄させる働きがある、といえば分かりやすいでしょうか。

知れば知る程スゴイやつ、その効能を書き出したら、別のブログができちゃう位スゴイやつ、オメガ3を摂りましょう!

魚ばっかり食べてる人以外は、サラダにかけたり、飲み物に入れたりして、オイル状の物を摂取しますが、これがね、なかなか継続するのが難しいのよ。
(そんなに美味しい味じゃないしね😱)


仕事先や外食の際は、私はこれ。抽出方法にこだわりがあるのがポイント。



濃いぃのもあるよ♥



朝と、夕飯時、寝る前など、家にいる時はアマニオイル(冷蔵保存)、持ち運びにはカプセルで、一日4回摂取していますのよ。

酒さ・酒さ様皮膚炎・脂漏性皮膚炎・毛細血管拡張症などによる赤ら顔で炎症を起こしている肌のためにも、そもそも全身の細胞のためにも、脳がぼけないためにも、鬱の防止にも、何もかも、すべてよ!!!



ところで、α-リノレン酸からEPAやDHAに変換される割合は10-15%程度である、と ω-3脂肪酸-Wikipediaにあります。
多くの植物油で見られるα-リノレン酸と、青魚に多いDHAや、EPAを両方とっているつもりなのですが、DHAやEPAだけ摂った方が効率いいのかも、、、。
(引き続き、研究中)


どんなに素晴らしい栄養を経口摂取しても、腸で消化されて、必要なところまで届かなくては効果が半減してしまうというもの。

もともと自分にすんでいる「私の乳酸菌」をサポートすることに特化した、ラクティスを飲むことをおすすめします。




いわゆる "乳酸菌" 製品は幾つか試しましたが、品質保持のためでしょうか、オリゴ糖やマルトース、グルコース等が含まれていました。

その点でも、こちらは原材料が
> 乳酸菌生成エキス(大豆発酵抽出物)、クエン酸、乳酸 <
と、シンプルですので、安心して飲んでいます。

WEBマガジン「ハタラク」にて連載しています。
[🎵ア・ブラ・カタブラ~ オメガスリー3と赤ら顔のお話し その2]の続きを読む

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2016/06/03(金) 10:28:33|
  2. 赤ら顔なんで、サプリ飲んでま~す!
  3. | コメント:0

漢方医にかかったこともありました(遠い目)

市販の漢方薬を一か月間だけですが試してみて、特に変化が無くてガッカリしていた私。

そんな様子を見ていた、当時大学2年生の娘が、漢方薬を処方する皮膚科を教えてくれました。

というのも、娘はその頃、漢方について総合的に紹介するwebサイトを運営する会社でインターンをしていたのです。
そのインターン先で、<自宅に近くて、漢方に精通している医者> を聞いてきてくれたので、早速予約して訪ねたのでした。

Google map先生によると、自宅から1.4kmということで、歩いて行ってみました。
住宅街にある、親子二代で経営する病院に着くと、優しそうな先生に、これまでの経緯をお話しする中で、

「酒さとか、脂漏性皮膚炎とも言われていますが、どうなんでしょう?」

と尋ねますと、

「あぁ、酒さと脂漏性皮膚炎って、併発していることが多いんだよね~」

(マジか、最悪やん)

脈をとったり、触診したり、顔をしげしげと眺めた後にいよいよ診断が下されます。
酒さと、脂漏性皮膚炎の併発型かぁ、最悪だわぁ、、、と落ち込む私に先生は一言。

「あのね、あなたは病気じゃありません。医学的に見て、あなたの症状は治療する必要はありません。」

先生は、なだめるように諭すように言いました。

「見たところ、顔も全然赤くないし、健康。
あなたにとってはニキビが一つできてもショックだろうけど、そんなのは病気とは言わないんだよ。」

いやいや、そういう問題じゃなくって、、、と食い下がる私に、医師は面倒くさくなったか、哀れに思ったか、結局漢方薬を処方してくれることになりました。
それが十味敗毒湯だと聞いて、慌てて、違うのにしてくれるように頼みました。
すでに飲んでいましたからね。

すると ’一般的な体質改善’ ということでなら、、、と 当帰芍薬散 なる漢方薬を処方してくれました。



<血行をよくして体をあたため、貧血症状を改善します。また、痛みをやわらげたり、ホルモンバランスを整える効果も期待できます。> by お薬110番

最初は2週間分のお薬をもらい、次の回は4週間分を処方してもらいました。が、その後は足が向かず、、、。

元々、異常なし、と言われている手前、変化が見えないのはもちろん、先生の意欲もイマイチなんです。
先生は容姿を褒めてくださるのですが、美人はうるさいねぇ、的な冗談を言うのが、どうも私には抵抗が有ったんです。

また、ご承知の通り、漢方薬って、食前に、お湯に溶かして服用するのがスタンダードなのですが、結構面倒くさくて、、、。

結局、そのまま、もう漢方薬は飲んでいません。(かなり、のみ残してますね〰😅)

これね、飲んでいたの。



繰り返しになりますが、漢方薬も吸収する体の状態によるかと思います。
まずは、腸の調子を整えてからでしたら、違ったかも。

お薬を飲むにしても、ビタミン剤を摂取するにしても、まずは一か月、腸の変化を体感してみてからがいいのではないか、と思います。
私が、免疫療法の医師に奨められて飲んでいるのはこちら。
アルミ包装のタイプが安いんですが、、一包10mlの、こちらのタイプのほうがお得です💲



私はまとめ買いなので、箱がなくても構わないの♥

漢方薬で体質改善って、かなり長い期間がかかるんだと思います。気長に取り組める人には、その副作用の少なさからも推奨できる手段の一つですね。

根本的な体質の変革無くしては、肌の変化も無い、とはわかっていても、とにかく最速で肌の改善を目指したのが本音です。
私自身は、赤みが目立つことは、現在は少ないのですが、やはり少しの体調の変化や環境の変化で、肌の赤みが気になる場合があります。

また、仕事柄、メイクさんにメイクしてもらうことが多いのですが、マッサージや、パックをされるたびに赤くなるんじゃないかと、毎回冷や汗ものです😅。
赤くならなくても、そもそも毛穴が目立つ、汚い肌が辛い~(;_;)

鈍感肌が羨ましい、、(毒)

体の中からは、主に、”腸” フォーカス。
肌表面は”血流” でしょうか。

自己流マッサージや、刺激のあるパックなどに気を付けて、炎症を起こしている肌をいたわりましょうね!

(美容関連の仕事をしているので、化粧品のサンプルを沢山いただきます。ありがたく頂いておりますが、やはり、酒さや脂漏性皮膚炎で、敏感肌になっている場合にはこちらに限ります!)






テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

  1. 2016/05/17(火) 19:01:39|
  2. 赤ら顔なんで、サプリ飲んでま~す!
  3. | コメント:0

脂漏性皮膚炎かも? 脂質の質、体の中の油を取り替える!!

油田体質は遺伝的なもので、分泌される脂の量をコントロールするのは不可能に近い、とは赤ら顔治療のために訪ね歩いたうちの一人のドクターの弁。

でもね、一つヒントをくれました。それは、”野菜スープダイエット”。

もう十年以上前かと思いますが随分と話題になり、流行りました。その、野菜スープダイエットの話をドクターがポツリ。
「野菜スープダイエットすると、肌がカッサカサになるよ。」

つまり、体内から分泌される脂は男性ホルモンの影響を受けてるとはいえ、摂取する油分に左右される、ということが証明されているわけですね!

私の場合は家族の食事を作るという立ち場にある以上、一人で野菜スープばかり飲み続けるのは現実的ではありません。(いろいろ食べたいしね!)そんなことを考えていた時に、この本を読みました。

お医者さんが教える「3日でヌ-ド肌」 4日目の朝、あなたは超美肌美人 / 風本真吾 / だいわ…

この先生の本、【中古】 スキンケア新常識 仕事もキレイも妥協しない! / 風本 真吾 / メディカルサロン …も読みました。
一年間前に始めたアマニオイルの摂取は間違えではなかったのね!と嬉しく思いました。


☝ 私はこれを、毎朝小さいスプーン一杯、人参リンゴジュースに入れて飲んでます。

このクリニック、以前から雑誌にも頻繁に掲載されているし、美人女医が有名ですね。私のママ友も通院してました。
院長先生、なかなかユニークな経営方針のようですが、そんなことは今はいいです、赤ら顔さえ改善すれば。

とにかくこちらの先生が提唱している、‘体をサラサラの油で満たしましょう‘理論を私も実践しています。
体内でDHA,DPAに変るアマニオイル、しそ油を非加熱で取ります。
外食時も、本当はお肉が大好きなのですが、魚料理を選んでます(´;ω;`)

今話題のオメガ3で日本初のW配合【RITANプレミアムオイル】現品モニター募集!
亜麻仁油りたん


2013年の春から2014年の5月まで通ったクリニックで、男性ホルモンの分泌を抑える薬を長く摂取してましたが、(効かなかったので、途中から国内未承認の輸入薬に切り替えても効きませんでしたね)
体調が最悪になり、肌がガッサガサになるだけで、顔の赤みが改善することはありませんでしたが、摂取する油を変えてからは、自己流のスキンケアとの相乗効果もあるでしょうが、肌がとても潤っていて毛穴の角栓が気にならなくなりました。

スーパーでも手軽に手にはいりますので、アマニオイルとしそ油、どちらでも効果が同じとのことですので、取り入れてみてください。


[脂漏性皮膚炎かも? 脂質の質、体の中の油を取り替える!!]の続きを読む

テーマ:健康食品 サプリメント - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2016/01/14(木) 09:53:03|
  2. 赤ら顔なんで、サプリ飲んでま~す!
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。